上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。








スポンサーサイト
2012.12.18 空中散歩
12月そうそうに 初雪を観測して この冬はいつもの年より厳しい寒さになりそうです。

裏の大木が屋根にかかって落ちてきそうなので
クレーンを借りて 枝打ちをすることにしました。
が 10トンクレーンが山中に入れるか クレーン屋さんに 見てもらったところ
柔らかすぎて タイヤがめり込んでしまいそうだから 鉄板を敷いた方がいいねと。

ところが 鉄板とは1枚880キロもあり、小型のユンボやユニックでは運べそうもない。
それに 鉄板を撤去したらもとの ふかふかに戻ってしまうので、
同じお金をかけるなら 道を造った方が後に残る。
ということで 2トンダンプで 割グリ石を5台、約7.5立米、 砂利を5台運んで
道を作ってしまいました。

IMG_0122.jpg


さて、12月14日 枝打ちの朝は 快晴、無風 気温 −5℃ 手が痛いくらいの寒さです。

朝 8時すぎ、二人の助っ人が登場、 できたての道を10トンクレーンが 入ってきました。
割りグリを入れたので、車輪が沈むこともなく クレーンの設置が無事終了。
IMG_0126.jpg

わたしが ゴンドラでつり上げてもらって チエーンソーで切り落とした枝を
下につり下ろすと、二人の助っ人が 小枝をばらして 並べて行きます。

地上20メートルから眺めは いつもは見られない景観です。

IMG_0128.jpg

ログハウスの屋根の高さは 8メートル 
IMG_0129.jpg

クレーンの アウトリガーと車重で 長いアームと ゴンドラ、それに切った枝の加重を
支えてくれます。
でも 空中では そんなことは考えていられません。 
安全の為に 下に人がいないか警告します。
釣り位置と、 切り離した時の 枝のリアクションを しつこく シュミレーション。
IMG_0130.jpg


一本つりで 枝の付け根で切り落とすので、 切った瞬間 枝は ゴンドラに向かって
ぶつかってくるから、 振り落とされないように 
チエーンソーをとめて、素早く ゴンドラに潜り込むように隠れなければなりません。

大木の枝や 幹を切り落としたので 屋根の北側は すっきりあかるくなりました。
IMG_0131.jpg

最後に 電線に倒れそうになっていた 栗の木の枯れ木を 幹の途中で切り落として 
午後3時半、作業は無事完了です。

IMG_0133.jpg

さて、切り落とした幹や枝は すぐに玉切りして、2、3ヶ月乾燥させます。
春までには 薪割りして、夏の間 太陽に当てて乾燥させると
来冬の ログハウスを暖めてくれる ストーブの薪になります。


... 続きを読む
今朝のこと
出がけに ふと 庭の隅に 白い物が見えたので、
近寄ってみると。 子供のお菓子のうまかんぼう? みたいな物が土の中から二本 突き出ている。
色味は 発砲スチロールのよう。
SN3D0565.jpg

断面のアップ
中は空洞。鉛筆が二本はいる位の径で 外の白い部分は厚さ8ミリくらいで 楕円形。
SN3D0567.jpg

よく見ると 折れた半分には なにやら黒い物が巻き付いている
SN3D0569.jpg

管の中に棒を差し込んで 復元してみた。
黒っぽいのは笠のようだ。 こうして見ると キノコにも見えるが
こんなキノコは見たことがない。
SN3D0570.jpg

断面のアップ 
さわった感じ、
白い部分はさらさら
黒いところは ぬるっとしていた。
SN3D0572.jpg

茎? 軸? 外側のアップ。 笠の表は黒いが、裏側は白くみえる。
SN3D0573.jpg

さてこれは いったい 何 なんなのでしょう?
どなたか ご存じの方は教えてください。
夏の終わり頃
「お客さんですよ」と お泊まりのお客さんが 取り次いでくれたのは
ベビー連れの若い男女。
「ブログで見たようなつくりで ベンチを作りたいんです」

 このあたりかな
P1000980.jpg

ということから 

若い二人が作り始めたベンチは 週末に通うこと4回
ようやく完成しました。


座板は コナラの耳付き 割れ止めのちぎりが アクセントになりました。
SN3D0558.jpg

二脚作ったのは 彼女、彼氏のそれぞれの両親に贈るためだそうです。

同じ板がなかったのと、座板そのものが曲面になっていたので、 裏に受け残が入る溝を切っています。
SN3D0556.jpg


脚はそれぞれ りょうぶの丸木と サクラの丸木
背もたれの脚は カエデ、ねじき、などの二股枝をつかい、
背あたりには、曲がり木を スライスして 枘を刻んでさしこんでいます。
SN3D0557.jpg

構造と作り方は指導しましたが 作業は全てご本人たちで。

披露宴の会場に置いて 両親への贈り物にされるとのこと。
二人の気持ちのこもった 世界に一つだけの 手作りプレゼント。
それぞれのご両親には 末永く使っていただきたいものです。

こんな 製作のきっかけもあるんですね。また お客様におしえてもらいました。


 


外釜がなぜ必要なのか分からない。   多分 保温性を高める為だろう。

断熱材を巻いて その上に これはもう高熱は伝わらないだろうから普通セメントでいいだろうと
取りかかってみたが、これが 以外と苦戦の連続でした。

〈11日目〉
でき上がった内釜 耐火煉瓦の上に 余材の断熱材を巻きました。 ロックウール、グラスウールなどいずれもログハウス建築の際の余った材料。気持ちロックウールの方が良さそうだが 足りないのでグラスウールも使用。
それをおさえるのに ラス網を使用。 合板サイズ1枚180円に惹かれて 金網からこちらに変えたが、やはり金網の方が 処理しやすかった。

SN3D0505.jpg


早速 モルタルを 塗り始めてみるものの、
始めから つまずき。
モルタルを かなりの厚さ この場合約3センチ で縦に塗り上げるのは困難と分かった。
要するに垂れるのである。
そこで 板材を 脇において積み始めるも これでは 面白みに欠ける。
要するに、飾り気がない。
SN3D0503.jpg

そこで これも いただいて来た壁用のタイル(右側 茶色のプレート)を 型枠板の内側に置いて その内側にモルタルを詰め込んで 側面の立ち上がりを埋めることに。
 本釜と焚き口の狭くなったコーナーには 耐火煉瓦を枠代わりにして、モルタルを 詰め込む。
左側の 焚き口のあたりは ひたすら塗り込んで行く。
といっても、 一人でモルタルを練りながら 塗って行くので なかなかはかどらない。
 一回の練りが とろ舟一杯で 壁の半分くらいしかぬれない

SN3D0506.jpg

バックサイドは 垂直に立ち上がっているので 
枠板の間にタイルを置きながら モルタルを詰め込んで ひたすら積み上げる。

SN3D0509.jpg

煙突のダンパーは 蓄熱には効果があるだろう。 隙間にセメントが入らないように 養生テープで囲ってセメントを流し込む。
SN3D0510.jpg


とりあえず、立ち上がりの部分を タイルを使いながら、塗り上げたところで
また、問題。

上半分はドームになっているので、簡単だろうと思ったのは 大間違い。
断熱材は 柔らかいので、モルタルを押し込むと網の下に 潜り込んでしまう。
結果 ラス網だけが浮いてくる。

とりあえず 全体を薄く モルタルで塗り上げて、この日は終わり。


〈12日目〉
この日は 撮影の暇がなく、 経過写真がない。



前日の下塗りの上に アクセントの為に、これもいただいて来た平石を並べながら 塗り固めて行く。
(写真は 翌日 型枠をはずしていく 途中のもの)

前日塗った下地の上に塗り重ねるので 少し腰が出来て 塗りやすくなった。
埋め込んだ石の縁を出すのに、洗い出しで と考えていたが、
水で濡らす訳にもいかないので、 生乾きの段階で ぞうきんを塗らしながら ひたすら 
表面のセメントを拭き取って行く。結構な 根気作業でした。
 このあと、 丸 1日を 乾燥のため放置。

SN3D0513.jpg



〈13日目〉

全ての枠を 外したとことろ。
ちょっと 表情にかけるが、 良しとしよう。
というか 今更・・・・ なので、がまん。
SN3D0515.jpg

上部基礎を造った時の コンパネの型枠は 取り外せないので 化粧代わりに キシラデコールで塗装。

煙突は以外と値段が張るので 半直筒を エビ曲がりでつないだだけ。
煙の流れを 外に出したいのだが、 雨対策の為に 取り外せるようにしたい。

P1020035.jpg


固定した直径15センチの煙突に 
これまた廃物利用で取り置いていた、 直径18センチの直筒2本を差し込んで 屋根の外まで引き出した。

この斜めの直筒は
美観と 雨水が炉に流れ込むのを防止するため、使わない時は取り外す。

P1020036.jpg

煙突は 燃焼時 150℃近くまで熱くなるので、 ポリカの波板との間に 緩衝材としてトタン波板を挟んでいる。
P1020037.jpg

全体の感じ。
そうそう、 小屋根はこんな感じに ベランダの小屋根からデッキの方に 流れ落ちるようにとりつけてあります。

P1020033.jpg


焚き口の蓋。 これも 何かのリサイクル。 偶然だがぴったりだ。
 オーブンとして 余熱利用のときに内部の熱を逃がさないようにするのに 役立ちそう。
P1020038.jpg


夜、 釜の中で火を焚いてみた。
 きれいに燃えている。 煙突の引きもよく、焚き口には 殆ど煙がでてこない。
   そして
 炎は いつ見ても 見飽きない。

SN3D0525_3.jpg


さて、 ようやく 完成をみた ピザ釜ですが、
何事も 経験ですね。
良くみると、 何度かに分けてセメントを詰め込んだことがよくわかる。
練り具合の差、突き不足による隙間など。
SN3D0519.jpg


これほど ブロック、レンガ、セメントに つきあったのは 始めて。
外壁など レンガ代をケチって ひたすらモルタルを練って積み上げたが、
レンガや石などうまくを使うことで モルタルは接着の為だけの量ですんだだろう。
など、 反省は 次の機会に 活かすことにしよう。

さて、 釜ができたので、 次は この釜を使って 
どんな 料理を楽しめるか
管理人としては 
むしろ これからが 試練かもしれない。 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。