上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.18 空中散歩
12月そうそうに 初雪を観測して この冬はいつもの年より厳しい寒さになりそうです。

裏の大木が屋根にかかって落ちてきそうなので
クレーンを借りて 枝打ちをすることにしました。
が 10トンクレーンが山中に入れるか クレーン屋さんに 見てもらったところ
柔らかすぎて タイヤがめり込んでしまいそうだから 鉄板を敷いた方がいいねと。

ところが 鉄板とは1枚880キロもあり、小型のユンボやユニックでは運べそうもない。
それに 鉄板を撤去したらもとの ふかふかに戻ってしまうので、
同じお金をかけるなら 道を造った方が後に残る。
ということで 2トンダンプで 割グリ石を5台、約7.5立米、 砂利を5台運んで
道を作ってしまいました。

IMG_0122.jpg


さて、12月14日 枝打ちの朝は 快晴、無風 気温 −5℃ 手が痛いくらいの寒さです。

朝 8時すぎ、二人の助っ人が登場、 できたての道を10トンクレーンが 入ってきました。
割りグリを入れたので、車輪が沈むこともなく クレーンの設置が無事終了。
IMG_0126.jpg

わたしが ゴンドラでつり上げてもらって チエーンソーで切り落とした枝を
下につり下ろすと、二人の助っ人が 小枝をばらして 並べて行きます。

地上20メートルから眺めは いつもは見られない景観です。

IMG_0128.jpg

ログハウスの屋根の高さは 8メートル 
IMG_0129.jpg

クレーンの アウトリガーと車重で 長いアームと ゴンドラ、それに切った枝の加重を
支えてくれます。
でも 空中では そんなことは考えていられません。 
安全の為に 下に人がいないか警告します。
釣り位置と、 切り離した時の 枝のリアクションを しつこく シュミレーション。
IMG_0130.jpg


一本つりで 枝の付け根で切り落とすので、 切った瞬間 枝は ゴンドラに向かって
ぶつかってくるから、 振り落とされないように 
チエーンソーをとめて、素早く ゴンドラに潜り込むように隠れなければなりません。

大木の枝や 幹を切り落としたので 屋根の北側は すっきりあかるくなりました。
IMG_0131.jpg

最後に 電線に倒れそうになっていた 栗の木の枯れ木を 幹の途中で切り落として 
午後3時半、作業は無事完了です。

IMG_0133.jpg

さて、切り落とした幹や枝は すぐに玉切りして、2、3ヶ月乾燥させます。
春までには 薪割りして、夏の間 太陽に当てて乾燥させると
来冬の ログハウスを暖めてくれる ストーブの薪になります。


... 続きを読む
スポンサーサイト
HPで 貸別荘の予約受付を開始して、およそひと月あまり。
最初のお客様を迎えることができました。
12日のお泊まりで 3人の若者が きてくれたのです。
予約をいただいたのが4日、以来 台所の改造と片付け掃除に追われた一週間でした。

たかねの杜を 選択してくれた理由は?に
音楽が聴ける環境 と たき火が出来ること。と こたえてくれました。

幸い 天気も良く たき火もできて、目的は 果たして お帰りいただいたようです。

お帰りになっておもったのが、
器か料理か です。

貸別荘としての ログハウスを出来るだけ使いやすくと 手がけてきましたが
どういう人が、どういう目的できてくださるのかは、実績がないので未知の世界でした。

三人は いろいろ料理も楽しんで作っておられた様子。
というのも、ヒゲ爺が 不揃いだからと仕舞っておいた、土屋衛翁(ご近所さん)の器に 
いろんな料理を盛って楽しんでいるのを見たからです。

貸別荘・たかねの杜は 料理(お客様のニーズ)に合った器 だったのかしら。

三人は スローな時間をすごしてほしい。という点では ほんとにそんな過ごし方をされていました。
器としての 我がログハウスも気に入っていただけたのだろうとおもいます。

自分は 何処かではき違えていたのかも知れない。 世間並みを意識しすぎていなかったか。
だから、器の使い方に 意外な気がしたのかもしれない。

そもそも 貸別荘としての たかねの杜 そのものが不揃い(よそとは違う)なのでした。

ヒゲ爺は せっせと 器を磨いていればいいのだ、
使い方は お客様しだい。 せいぜい 選んでいただける存在になろうと
気づかされたのでした。

お客様の写真はないので、せめて たき火の絵を

まず 「焚き火床」 釜無川の石を運んでつくりました。
SN3takibidoko.jpg


炎  木によって燃え方、色味もちがってきます。 見ていて飽きない。
SN3Dtakibi.jpg

これは トーチライト。
 枯れた丸太にドリルで穴をあけ、下から火を点けると こんな感じで燃えます。
SN3D0018.jpg





 











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。