上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.07.23 合歓の花
貸別荘の入り口に 小さな合歓木が一本あります。
たぶん芽が出てから10年にもなろうかというのに 今まで花を付けたことがありませんでした。
それが、 この6月の下旬に はじめて花芽を付けているのをみました。

標高800mのこのあたりでは 6月になってようやく葉がでて、
花が咲くのは いつも梅雨明けの6月中旬になってからです。

初めての花芽が いつ花を咲かせるのかと 毎日観測しているうちに

果たして あの小さなつぼみから どうして あの長い花が
出てくるのか 不思議に感じるようになりました。

以下はそれらの比較です。
初めての花、雨のせいか 細い花びらは固まって ひろがっていません。
SN3D0464.jpg

別の花ですが
一つの花枝に8〜10個のつぼみがついています。

つぼみがはじけたところ なにやら綿がつまったようなかんじです。
SN3D0466_2.jpg

少し展開しています。 曲がりくねっているのが まっすぐに伸びるのでしょうか
SN3D0465_2.jpg


これは 開き切った花を 接写したものです。
根元がねじれた感じなのがみえます。
SN3D0467.jpg

どうも 合歓の花は 開いてから伸びるのではなくて、
つぼみの中で 伸びて巻き込まれていたものが、つぼみがはじけてから まっすぐに展開するのではないか
と見えます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。