上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.12.18 空中散歩
12月そうそうに 初雪を観測して この冬はいつもの年より厳しい寒さになりそうです。

裏の大木が屋根にかかって落ちてきそうなので
クレーンを借りて 枝打ちをすることにしました。
が 10トンクレーンが山中に入れるか クレーン屋さんに 見てもらったところ
柔らかすぎて タイヤがめり込んでしまいそうだから 鉄板を敷いた方がいいねと。

ところが 鉄板とは1枚880キロもあり、小型のユンボやユニックでは運べそうもない。
それに 鉄板を撤去したらもとの ふかふかに戻ってしまうので、
同じお金をかけるなら 道を造った方が後に残る。
ということで 2トンダンプで 割グリ石を5台、約7.5立米、 砂利を5台運んで
道を作ってしまいました。

IMG_0122.jpg


さて、12月14日 枝打ちの朝は 快晴、無風 気温 −5℃ 手が痛いくらいの寒さです。

朝 8時すぎ、二人の助っ人が登場、 できたての道を10トンクレーンが 入ってきました。
割りグリを入れたので、車輪が沈むこともなく クレーンの設置が無事終了。
IMG_0126.jpg

わたしが ゴンドラでつり上げてもらって チエーンソーで切り落とした枝を
下につり下ろすと、二人の助っ人が 小枝をばらして 並べて行きます。

地上20メートルから眺めは いつもは見られない景観です。

IMG_0128.jpg

ログハウスの屋根の高さは 8メートル 
IMG_0129.jpg

クレーンの アウトリガーと車重で 長いアームと ゴンドラ、それに切った枝の加重を
支えてくれます。
でも 空中では そんなことは考えていられません。 
安全の為に 下に人がいないか警告します。
釣り位置と、 切り離した時の 枝のリアクションを しつこく シュミレーション。
IMG_0130.jpg


一本つりで 枝の付け根で切り落とすので、 切った瞬間 枝は ゴンドラに向かって
ぶつかってくるから、 振り落とされないように 
チエーンソーをとめて、素早く ゴンドラに潜り込むように隠れなければなりません。

大木の枝や 幹を切り落としたので 屋根の北側は すっきりあかるくなりました。
IMG_0131.jpg

最後に 電線に倒れそうになっていた 栗の木の枯れ木を 幹の途中で切り落として 
午後3時半、作業は無事完了です。

IMG_0133.jpg

さて、切り落とした幹や枝は すぐに玉切りして、2、3ヶ月乾燥させます。
春までには 薪割りして、夏の間 太陽に当てて乾燥させると
来冬の ログハウスを暖めてくれる ストーブの薪になります。


... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。