FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
迷子メール 捜索願い
なんて、ホームページのトップに でかでかと赤字でかいてあったら、
何事かと思ってしまうでしょうね。
まして、それが、自分のことだと気づいたMさま
お騒がせしてすみません。

「メールを送ったのですが、」と 
電話で 貸別荘の予約をいただいて、
「後ほど、メールを確認して 予約確認書をおくります。」
と 電話を切ったまでは、よかったのですが、
夜、メールチェックしても、 その メールがみあたりません。
 
さあ、困った
メール が頭にあったので、 お名前と希望日、人数構成だけを聞いて電話を切ってしまったのです。
管理人室の電話には 番号通知の機能はなく、こちらから連絡の取りようがありません。

翌日になっても、メールは届かず。
お客様も 予約確認書がこないと 心配されているはず。

「たかねの杜」の HPを作ってくれている ゆきさん、まやさんにも連絡して、
捜索願いの 表示を依頼したものの、 
名前を出しちゃ、まずいんじゃないの。とか、 あーだ、こうだと議論の末、
 とりあえず 出してみよう。ということになり、
でたのが、迷子メール 捜索願い という 告示でした。

元はといえば、 管理人の私が予約を受けるときの原則を きちっと実行していれば
なんということもなかったのです。

連絡がこないと心配して、HPをみたMさんが 電話を下さったので、
今度は しっかり、アドレスをお聞きし、復唱して 電話を切ったのです。
が またも
電話番号を聞いておくのを忘れてしまいました。

そのあと、 Mさんから 念のためG-mail経由でと、
メールが届いて、ご案内を送ることができました。

 始めて間もない貸別荘、「たかねの杜」。 何にでも 「初めて」がついて回ります。
まだまだ、どたばたが続きそうです。

それにしても、 そのメール どこを さ迷っているのでしょう?




ランキング参加中!クリックよろしくお願いします

Secret

TrackBackURL
→http://takanenomori.blog49.fc2.com/tb.php/14-a891e72b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。